FXトレーダー RANDのトレード日誌

ツイッター:@FX_RAND http://www.facebook.com/rand.fx FXトレーダーとしてのトレード手法やテクニック、経験則や体験談等をご紹介していき、実際の活動を綴って行きます

相場が難しいわけ

f:id:rand-0326:20161117182020j:image

 

相場は非常に難しい>_<

かなり複雑な3次元の推理ゲームみたいなものです。

 

なんで難しいかわかりますか?

 

それは3次元構造だからです。

どういう意味かと申しますと、

相場には

 

縦軸

横軸

時間軸

 

の三つの要素が折り重なって値段が形成されていきます。

 

縦軸とは価格です

横軸とは時間です「経過した時間」

時間軸とは皆さんご存知の5分だったり1時間だったり様々にあります。

 

もし相場に時間軸が一つしかなかったら一方的な動きしかならないので、ゼロサムが成立しない。

要は売り手と買い手が生まれません

 

これがミソです

 

縦軸は皆さんある程度理解出来てると思います。

水平線やフィボナッチやボリンジャーバンドなどで反応する所を大体検討つけますよね。

 

でもそこに横軸が入っちゃうと混乱するんですよ>_<

 

例えば水平線を引き

そこで反応しても、いつ反発するかがわからない

もしかしたらすぐに反発するかも知れないし

もしかしたら一週間レンジかも知れない。

 

横軸というのをマスターすればエントリーのタイミングを計りやすくなります。

 

ここでやっとインディケーターの出番です

タイミングを計るツールは横軸で使う方が理にかなっています。

 

けどまだ負けます。

なぜ?

それプラス時間軸が入るからです

 

時間軸を変えると

買い手にも売り手にも様々な見方が生じます。

 

これが相場を難しくこじらせます。

 

これを紐解くには知識は要りません!!

経験だけです!!!

 

市場心理は知識では解読不可能!!

経験だけがモノを言います!

だから検証をして下さい!

 

知識が生きるのは縦軸と横軸の2次元までです!!

 

それを知らずに負け続け

教材あさりをして、沢山無駄な知識とお金を使うくらいなら

少ないロットでもいいので、実戦で検証して下さい。

 

間違ってもバカなセミナーには行かないように^ ^

昨日のエントリーの続き

昨日は思ったより早く上に行き、

ゾーンまで押さなかったのでエントリーは見送りました

 

今日は昨日のエントリー計画を基に

ゾーンまで来て、尚且つ4時間足のトレンドラインタッチでエントリー

昨日のブログにエントリー計画乗ってます。

 

無事利食い出来ました

目標はレンジの為、レンジ上限付近

利食い理由などの記録を貼っておきます。

 

f:id:rand-0326:20161026204929j:image

今日のドル円は見もの

今日のドル円は見ものです。

最近全然動きの無かったドル円ですが昨晩からやっと動いて来ました。

 

今日このもみ合いを抜けて行けるかが見ものです

 

と言う事で、それまでのシナリオとエントリー計画を書いたので貼っときます^ ^

 

f:id:rand-0326:20161025190251j:image

心の手法は出来てますか?

  

この世に数え切れないくらいのテクニカル手法が存在します。

 

もし全て覚えたとしたら、相場で勝つ事が出来るのでしょうか?

 

答えはノーです!

 

昔、MTCLというファンドがありました。

そこのファンドはなんと、数学のノーベル賞を受賞した方達が立ち上げたファンドなのです。

 

恐らく世界トップクラスの学者が相場の世界に挑戦して来ました。

 

結果はどうなったと思いますか??

 

答えは破綻しました。

 

不思議に思いません?

確かに勉強や研究はかなり大事です。

結果にコミットする為には必ず必要になるものです。

でも勝てない!

何故ですか?

それは私達が頭の良い動物

つまり人間だからです。

 

人間には感情があります。

期待

不安

恐怖

絶望

怒り

悲しみ

喜び

 

その全てが相場に悪影響を及ぼします。

資金=メンタルの在り方

この事が実は一番大事な事なのです。「この世界で生きて行くには」

僕もこの事を学ぶのに大変苦労しました。

僕はこの事を学ぶ上で非常に良いDVDに出会えたのでご紹介します。

2年も前に購入し、何回も見直しました。

お値段は多少高いですが、自己投資だと思えば安いですし

無駄なトレードで無くす資金に比べれば生きたお金です。

それ以外にもいくつか紹介するのでよかったら参考にして下さい^ ^

僕のオススメは一番上のDVDです^ ^

賛否両論ですが、僕はこれで世界が変わりました^ ^

 

 

「ゾーン」 プロトレーダー思考養成講座 (<DVD>)

「ゾーン」 プロトレーダー思考養成講座 ()

 

 

 

世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)

世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)

 
利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)

利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)

 
魔術師たちの心理学 ― トレードで生計を立てる秘訣と心構え (ウィザード・ブックシリーズ)

魔術師たちの心理学 ― トレードで生計を立てる秘訣と心構え (ウィザード・ブックシリーズ)

  • 作者: バン・K・タープ,Van K Tharp,上野惠子,萩原重夫,戸張義雄
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2002/02/28
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 

 

 

本当の相場観とは??

f:id:rand-0326:20161023020641j:image

※この写真はイメージです

 

最近ブログをサボり気味になっていました>_<

FBの方ではちょくちょくかきこみしているのですが>_<

 

という事で相場で取引するのに私が大事にしている事をお話しします。

 

皆さん相場観とは何のことだと思いますか??

 

恐らく予想の事と思われてる方も多いと思います。

 

しかし、相場を予想している段階では安定的に勝つのは難しいです。

 

予想も立てずに計画を立てれるのか?

お前は何を根拠にトレードしてるのか?

 

と、

思われた方もいると思いますので、私なりの相場観と言うのを述べます。

 

そもそも相場観とは字の如く

相場を観察すると言う事だと僕は思ってます。

上がるか下がるかの予想なんて外れるかも知れないし、予想がしたければ競馬でもしてるほうが楽しいでしょ!

と僕は思います。

 

本題に入りますが、僕の相場観と言うのは、

現在価値はどの位置にいるのか!!

と言う事です。

 

相場にはザックリに三種類の動きがあります。

 

ブル

ベア

レンジ

 

現在の価値はどの位置にあるのかと言う事を考える。

そうすれば、どこでブルかベアかレンジかと言う事が見えて来るはずです。

要は市場心理を考える事が一番です。

 

僕は相場観を見る時に市場心理を見ます。

 

価格は何故動くのですか?

何故レンジになるのですか?

何故ブレイクするのですか?

何故押しや戻りがあるのですか?

何故ダマシがあるのですか?

 

テクニカルの手法を学ぶ前にもっともっと重要な事が沢山あるはずです。

 

ぶっちゃけそれがわかればインディケーターなんて必要ないです。

 

かく言う僕もインディケーターを使ってますが、

正直インディケーター無しでも勝つ事が出来ます。

では何故インディケーターを使っているのか?

それはただの根拠付け

そっと背中を押してくれる補助にすぎません。

 

インディケーターがある事によって迷いが生じる時が沢山あります。

そんな時に第1番に考えるのはローソクの形や位置です。

 

要するに予想するのでは無く、価格に対応する!!

計画の価格に来たら実行するだけ!!

上とか下では無く、

起こりうる事態に対応するだけです!!

 

反応ではありません!!

対応です!!

 

ザックリな記事ですが、頑張って理解できればもう勝ち組トレーダーです。

 

答えは自ら見つけて下さい。

恐らく自らしか見つけられません。

僕がそうでしたから>_<

 

インディケーターだけでトレードできないが、ローソクだけでトレードする事は可能でしょう?

 

この事は相場の本質的な意味合いを表してます。

 

僕のように400万近く資金を溶かして、4年以上も負け続けた経験は非常に辛いです。

途中退場も経験あります>_<

 

読者の皆様が僕のような辛い経験をしない様に少しでも力になれたら幸いです^ ^

 

 

システムトレーダーと対談

相も変わらず8月は毎年悪成績で終わりました>_<

それで気分転換に先日システムトレーダーの方とFBのチャットでお話をしたんですが、なかなか面白い内容になったんでブログにてアップする事にしました。

 f:id:rand-0326:20160824164849p:imagef:id:rand-0326:20160824164902p:imagef:id:rand-0326:20160824164851p:imagef:id:rand-0326:20160824164844p:imagef:id:rand-0326:20160824164847p:imagef:id:rand-0326:20160824170529p:imagef:id:rand-0326:20160824170735p:imagef:id:rand-0326:20160824170814p:imagef:id:rand-0326:20160824170911p:imagef:id:rand-0326:20160824171029p:image

f:id:rand-0326:20160824171231p:imagef:id:rand-0326:20160824171243p:imagef:id:rand-0326:20160824171300p:imagef:id:rand-0326:20160824171319p:imagef:id:rand-0326:20160824171359p:imagef:id:rand-0326:20160824171429p:imagef:id:rand-0326:20160824171517p:imagef:id:rand-0326:20160824171535p:imagef:id:rand-0326:20160824171601p:imagef:id:rand-0326:20160824171618p:imagef:id:rand-0326:20160824171641p:imagef:id:rand-0326:20160824171653p:imagef:id:rand-0326:20160824171710p:imagef:id:rand-0326:20160824171727p:imagef:id:rand-0326:20160824171845p:imagef:id:rand-0326:20160824171921p:imagef:id:rand-0326:20160824171949p:imagef:id:rand-0326:20160824172039p:imagef:id:rand-0326:20160824172120p:imagef:id:rand-0326:20160824172145p:imagef:id:rand-0326:20160824172204p:imagef:id:rand-0326:20160824172223p:imagef:id:rand-0326:20160824172229p:imagef:id:rand-0326:20160824172236p:imagef:id:rand-0326:20160824172244p:imagef:id:rand-0326:20160824172249p:imagef:id:rand-0326:20160824172255p:imagef:id:rand-0326:20160824172301p:imagef:id:rand-0326:20160824172305p:imagef:id:rand-0326:20160824172310p:imageちょっとでも参考になれば幸いです^ ^

 

ゼロサムゲーム

f:id:rand-0326:20160807165452j:image

 

皆さん虎と言う動物はご存知ですよね^ ^
虎はとても強い動物です!

ところで、虎の写真や虎の掛け軸には、
ほぼ必ず、あるものが写っています


それは、「竹やぶ」です。


なぜなら虎は「竹やぶの中では強い」
ということを知っていて、竹やぶの中から出ないからです。

逆に、虎が強くいられるのは、
竹やぶの中だけです。

例えば、竹やぶにエサがなくなり、近くの村に行ったら、
人間に銃で撃ち殺されてしまいます。

もし竹やぶの外で
自分より身体の大きな象に出会ったらもしかしたら
踏み潰されてしまうかもしれません。

なので、虎は竹やぶからは出ようとしません。
決して出てはいけないのです。


これは、投資家にも同じことがいえます。
自分の強みを知り尽くし、
自分の竹やぶの中で戦うことが、
もっとも重要なのです。

しかし、

「ほとんどの投資家は真の強みを知らず、
自分の勝てるところで勝負をしていない」

その証拠に、
約90%以上の投資家がが破産や退場をしているという現実があります。

自分の得意な戦術やパターン、時間や通貨、商品を見極めて、少しでも勝ちやすい状況で勝負しましょう。

それが期待値です!
相場はゼロサムゲームです。みんな生馬の目を抜く戦いに参加しているサバイバルゲームです。

妥協や甘えや油断は破滅へと繋がる事を考えましょう。